母は悩むのです

ここは、母は悩むのです のページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなペースのブログで申し訳ない。

それでもきてくれる方にはさらに申し訳ない。



さて。

ここ最近のもっぱらの悩みどころは

娘の高校受験だ。

と言っても、現在2年生。

受験は来年だけど、成績がびみょーな位置で

どこの高校を目標に期末や学力に臨めばいいか、

そんな話をしているところなのですよ。

今のところ、ほぼ合格できるだろうと思われるところは

お隣の街にある高校。

この街には、3校の高校があって、

1つは偏差値60以上。

1つは55くらい。

も一つは50ちょっとくらい。

55のところにはいけそうだけど、

60以上のところはある模試では合格圏内には入ったけど、

ギリで危険だし・・・。

なんでこんなに悩むかと言うと、

どうも来年は今までよりも倍率上がるって話だから。

55のとこを受けて、万が一ダメだったら、

地元の高校の2次募集にと思ってたけど、

地元も来年は定数割れしなさそうなんで、

2次募集がないかも!ってんで

今から慌てだしてるってことなのだ。

できれば、進学を考えた高校を選びたい。

でも、びみょーな位置。

まだこれからの努力なところもあるけど、

期末テストは受験内申に関わるらしく、

これを頑張っておかないと。

大変だよ受験生。

私は、地元が定数割れしてるとき入ってんで、

受験勉強なんてしたことないから、

まさか娘で受験のことを考える日がくるなぞ

思ってもみなかった!!(笑)

今、学区ってのがなくなったから、

なんと札幌も普通に受験できちゃう。

昔は学区外で、先生が絶対に進めてくれなかったしね(笑)

ってか、隣街の学校が学区外だから、

札幌方面なんていけるところじゃなかったしね。



ま、今決まってるのは、

滑り止めで私立は受けとかんといかんってこと。

でも、私、滑り止めって言うのが嫌なんで。

もし、公立がだめだったとしても、

私立ならここに行きたいなぁと思うところを受けておこうと。

私立で行きたいと思ってるとこに行くのと、

滑り止めで仕方ないって思って行くのでは違っちゃうと思う。

意識の問題っちゃそうなんだけどね。

で、私立で行きたいと思ってるとこは、

1年のときから

「ここの制服着たい~」

と言ってたところを受けさせることに。

旦那は「制服で決めるなんて」と言うけど、

女子には大問題と思う(笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして(笑)
質問です
その私立の制服はブレザー? セーラー?
3年間も着るのだから重要だと思う~
私は○仁高校のジャンパースカートの制服が好きだったけど
廃校になったよね
2012/01/24(火) 18:07 | URL | ボン #-[ 編集]
ボンさま
初めまして~って誰がじゃ、妹よ。
その私立はブレザーです。
そう、廃校になった高校がね、増えてんのよ。
野球で有名になったあの高校もなくなったしね・・・
2012/01/24(火) 22:07 | URL | かをる #-[ 編集]
初めまして・・お邪魔します。母はたいへんですねぇ~~。まだ1年。もう1年。。。何処の学校も少子化でクラス数が減って大変なようですね・・のびのびと楽しいいw学生生活を送れることが1番!とジジ.ババ世代は思います。岩手のよそのババより。
2012/01/25(水) 10:57 | URL | #-[ 編集]
岩手のよそのババ様
初めまして。
仰るとおり、子供が望む学校生活ができることが一番ですね。
娘から相談されなければ、私も悩むことはないのだろうなぁと思います。
できたら大学に進学したい、勉強をしっかりできる学校にしたい、
制服着たい(笑)などなど、どんな夢を見ているかまでは分からないのですけど、
何かを思って高校進学を考えているのであれば、やっぱり親って悩みますね・・・。
最終的には娘が決めること。
3年になればオープンキャンパスで私立の見学、
公立も説明会が開かれて、これにも付き合う予定です。
今の受験生って大変だぁと思います。
2012/01/25(水) 22:31 | URL | かをる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkaworu.blog113.fc2.com/tb.php/1108-422c9c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。